折りたたみ自転車

お役立ち情報

製品紹介│折りたたみ自転車

価格から選ぶ5万円以下5万円〜10万円10万円台30万円台軽さから選ぶ10kg以下5万円〜10万円10万円台11kg〜15kg5万円以下5万円〜10万円10万円台タイヤサイズから選ぶ14インチ20インチ5万円以下5万円〜10万円10万円台30万円台街乗り装備から選ぶママチャリのような完全な街乗り装備の折りたたみ自転車は、種類がとても少ないので、最低限の街乗り装備も分類しました。ママチャリ装備装備リング錠(サークル錠)ママチャリでは一般的な、後ろのタイヤの近くにある輪っか状のカギです。ダイナモライトタイヤの回転で発電して点灯するライト。前カゴハンドルの前にあるカゴ。泥よけ水たまりなどの泥ハネを防ぐ、タイヤに沿(そ)うように付いているカバー。スタンド駐輪時に自転車が倒れないように、自転車を支える棒。ギアカバーペダル近くにあるギアのカバー。ズボンなどのスソが汚れにくくなります。最低限の街乗り装備5万円以下5万円〜10万円10万円台30...
お役立ち情報

折りたたみ自転車の選び方とオススメ、注意点

折りたたみ自転車は、色々な特徴を持ったものがあります。なので、「何を重視するか」や「目的」を決めると選びやすくなります。ここでは折りたたみ自転車をママチャリ(街乗り装備)軽量軽量コンパクトスポーツタイプに分類しました。なお、自転車はタイヤが小さくても速く走れるものはたくさんあります。タイヤが小さくても、おもにペダル近くのギアが大きいと「ペダル1回転で進む距離」が長くなるので、たくさんこがなくても速く走れます。他にも、力を伝える部品の質などを参考に、それぞれの自転車を速さでも分類しました。【タイプ別】選び方とオススメママチャリ(街乗り装備)ここでいう、ママチャリ(街乗り装備)とは、おもに以下のものを言っています。前カゴヘッドライト(前照灯)泥よけ泥ハネを防ぐギアカバーギアのカバーです。折りたたみ自転車は、ギアとチェーン全体ではなく、ギアだけのカバーがほとんどです。これでもズボンなどのスソが汚れるのをほぼ防げます。スタンド駐輪時に自...
お役立ち情報

折り畳み自転車の体重制限や積載重量は何kgか

折りたたみ自転車も一般的な自転車と同じような体重制限になっています。まずは、自転車の体重制限についての考え方を見ていきましょう。自転車の車種ごとの体重制限一般的なメーカーが記載している、自転車に乗る人の体重の基準はそれぞれ、「折りたたみ自転車は65kg~110kg」、「ママチャリ(シティサイクル、軽快車)は65kg」、スピードが出るスポーツ自転車である「ロードバイク(ロードレーサー)は60kg~90kg」、山道など荒れたオフロードを走る「マウンテンバイク(MTB)は100kg以上」としていることが多いです。各メーカーやブランド、それぞれの車種によっても、カタログに記載されている数値は違います。そもそも、基準としている体重を記載していない自転車もたくさんあります。体重制限を超える人が乗ると、すぐに故障するというわけではないようです。あくまで、これらの体重を基本として設計しているということで、これらの体重を大きくオーバーした人が乗り...
お役立ち情報

超軽量な折りたたみ自転車の長所と短所

一般的な折りたたみ自転車は、軽量なものでも10kg~12kgくらいですが、それよりも軽い超軽量の折りたたみ自転車には、主に以下のいずれか(または複数)の特徴があります。それぞれ軽量化のメリット(利点)がある一方で、走行性や価格、使い勝手にはデメリット(欠点)にもなります。タイヤが小さい変速機がない軽量なパーツを使用装備が少ないタイヤが小さい主に16インチ以下の小さなタイヤを使うことで、そのぶん軽量にすることができます。ちなみに一般的なママチャリのタイヤのサイズは26インチか27インチです。変速機がない坂など道の傾斜(角度)に合わせてギアチェンジする変速機がないことが多いです。変速機を取り付けないことで、少しでも軽量化を図っています。軽量なパーツを使用自転車に使用するパーツを軽量なものにすることで、自転車本体も軽くすることができます。自転車のフレーム(骨組み)などにカーボンやアルミなどの軽量な素材を使用することで軽量化します。しか...
お役立ち情報

折りたたみ自転車の適正身長は何センチ?180cm?190cm?

折りたたみ自転車は16インチや20インチなど、タイヤが小さいものが多いため、身長が高い人でも乗れるか心配になるかもしれません。しかし、自転車の適正身長はタイヤの大きさで決まるのではなく、フレーム(骨組み)の大きさで決まります。タイヤが小さい自転車でも、「フレーム」「ハンドル」「サドル(イス)」の大きさ(長さ)や角度によっては、背が高い人でもちゃんと乗ることができます。そのため、190cmまでを適正身長の範囲内としている折りたたみ自転車もあります。自転車の適正身長そもそも折りたたみ自転車に限らず、自転車は適正身長の上限(最高身長)を明記していないことが多いです。これは、身長がだいたい150cm~185cmくらいまでなら、ハンドルとサドル(イス)の高さを調節するだけで適切に乗れることが多く、身長が185cm以上の人は日本人全体の中で、1%ほどしかいないことが理由だと思います。このことから、自転車の適正身長の上限(最高身長)を明記して...
お役立ち情報

電車に折畳自転車を持込んで通勤通学はできるのか?

自転車通勤(自転車通学)をするには距離が遠い電車以外の部分は自転車で走りたい帰宅時は深夜で、終電がないから帰りは自転車で帰りたいなどの理由で自転車と電車を両方使って通勤や通学を考えている方もいると思います。そんな時は折りたたみ自転車を電車に持込んで目的地の駅まで行き、そこから折りたたみ自転車に乗って移動できるので、折りたたみ自転車が便利・・・と思いきや、そう単純ではありません。電車に持ち込み一番の問題は「自転車を電車に乗せる(載せる)こと」です。自転車を公共交通機関に持ち込むことを「輪行(りんこう)」といいますが、多くの鉄道会社がこの輪行をすることを認めています。しかし、それはあくまで混雑時を除いての話です。通勤や通学、帰宅をする人で込むラッシュ時には、自転車を持って電車に乗ることはできません。通勤や通学、帰宅の時間がラッシュの時間帯と重ならなければ、折りたたみ自転車を持って電車に乗れると思います。通勤や通学時に折りたたみ自転車...
お役立ち情報

折りたたみ自転車で長距離の通勤通学はできる?

折りたたみ自転車にもよりますが、可能です。「自宅や職場に駐輪場がない」、「自転車を家で保管したい」などの理由で、折りたたみ自転車で通勤や通学をしたいという方もいると思います。片道10kmと仮定して、急な上り坂など起伏の激しい道でなければ大丈夫だと思います。折りたたみ自転車の走行性能と価格折りたたみ自転車にもいろいろなものがあって、1万円ほどの値段が安いものから、10万円以上の高級なものまであります。折りたたみ自転車に限らず、自転車の性能によって金額も走行性能も変わってきます。自転車は車輪、タイヤ、ギア、チェーン、フレーム(骨組み)などパーツ(部品)の組み合わせでできているので、これらパーツの質が良いと走行性能も良くなります。自転車の性能を簡単に説明すると、ペダルをこぐ力をいかに無駄なく自転車が進む力に変えるかが自転車の性能といえます。ペダルをこぐ力を自転車が進む力(推進力)に効率よく変換するために、各パーツを精巧な造りにしたり、...
お役立ち情報

安全性の高い折りたたみ自転車の選び方

折りたたみ自転車は、折りたたむことができる特殊な自転車なので、その強度や安全性に不安を持つ方もいるかもしれません。しかし、基本的に「自転車に関する正しい知識」を持っていれば危険は避けられます。正しい知識を持って折りたたみ自転車を選びましょう。価格は約2万円以上まず折りたたみ自転車の前に、自転車の価格の違いについて説明します。ホームセンターに売っている普通のママチャリの中には、価格が1万円前後のものがあります。一方、自転車屋などに売っているブリヂストンやパナソニックなどのメーカー製のママチャリは、値段が安くても3万円ほどします。なぜ、こんなに価格が違うのか?それは自転車の部品(パーツ)の質が違うからです。同じママチャリでも、ホームセンターの1万円ほどのママチャリは、部品の質が悪いから値段が安いのです。では、自転車の部品の質が悪いと、何か問題があるのか?まず、部品の質が悪いと自転車の走りの性能が悪くなります。自転車は「ペダルをこぐ力...
お役立ち情報

折りたたみ自転車のメリットとデメリット

折りたたみ自転車を街なかでよく見かけるようになりました。折りたたみ自転車は折りたためることに加えて、コンパクトにできているものが多く、ママチャリなどの一般的な自転車とは見た感じも機能も違うため、人気があるのだと思います。しかし、折りたたみ自転車の事をきちんと理解していないと、折りたたみ自転車を十分に楽しめないかもしれません。折りたたみ自転車の特徴を把握して、フル活用してください。折りたたみ自転車のメリット(利点、長所)折りたためる折りたたみ自転車の長所はなんといっても「折りたためること」です。というよりも、折りたためること以外、他の自転車とあまり変わりません。折りたたみ自転車にもいろいろな種類があります。街乗りタイプやスポーツタイプなどです。しかし、それは自転車としての種類であって、折りたたみ自転車としての違いは折りたたみ方の違いくらいしかありません。折りたためるとどんないいことがあるのか?「折りたためること」のメリットは、電車...
お役立ち情報

折りたたみ自転車を家で保管する方法

「駐輪場(自転車置き場)に自転車を置いておくといたずらされたり盗難に遭う」、「自宅に駐輪場がない、または少ない、狭い」、「自転車が雨風にさらされるのを防ぐため、室内保管したい」などの理由で自転車を家の中で保管したい人もいると思います。このような理由で自転車を家の中で管理したいなら、できるだけ場所もとりたくないでしょう。こういう場合は折りたたみ自転車が最適です。折りたたみ自転車はその名の通り、折りたためる自転車です。一般的には車のトランクに積んでおいたり、電車に持ち込んで到着した地で乗るなどの使い方をしますが、折りたたんで室内で保管することもできます。折りたたむことで小さくなるので、せまいスペースにも置く事ができます。保管方法室内に入れるには床に板かダンボールを敷くか、自転車を入れる専用の袋(輪行袋、輪行バッグ、キャリーバッグ)に折りたたみ自転車を入れて収納するのがいいでしょう。自転車を隠したり触れないようにするために、板などの上...