自転車共通

お役立ち情報

価格が高い自転車と安い自転車の性能の違い

折りたたみ自転車に限らず、自転車の価格は、ピンからキリまであります。ママチャリ(シティサイクル、シティ車、軽快車)だけでも、1万円前後から5万円ほどのものまであります。スポーツ自転車などの価格が高い高級自転車の場合は、100万円以上する自転車もあります。これら自転車の値段の違いは、「部品(パーツ)の違い」です。自転車は部品の集まりそもそも、自転車は多くの部品で構成されています。フレーム、ハンドル、サドル、ペダル、ギア、チェーン、タイヤなどなど…それぞれの部品はさらに細かく構成されています。これら部品の品質がいいと、自転車の性能も高くなり、そのぶん自転車の価格も高くなります。では、部品の品質が自転車の性能に、どのように影響するのでしょうか?それは、「ペダルをこぐ力」をより効率的に「走る力」に変えられるようになるのです。そもそも、自転車は「ペダルをこぐ力」を「走る力」に変える乗り物です。ペダルをこぐと、それぞれの部品がそれぞれの役割...
お役立ち情報

自転車のフレーム素材の選び方

フレームについて一般的に赤い部分がフレームです。フレームには金属素材が使われることが一般的で、素材によって重量や弾力性、耐久性、価格などが違います。フレーム素材の比較素材\特徴価格軽さしなやかさ長持ちスチール○×○○アルミ△△×△カーボン×○○×チタン×○△○○:良い、安い  △:普通  ×:悪い、高いフレーム素材と特徴スチール(はがね、鋼鉄)きたえて強くした鉄です。わずかな炭素を含んでいます。ママチャリなどの実用車にはよく使われています。他の素材に比べると重めですが、価格が安く長持ちします。しなやかなのでショックを吸収し、他の素材に比べるとやわらかな乗り心地です。クロモリ(クロムモリブデン鋼)鉄をベースにした合金です。スチールにクロムとモリブデンが加えられています。ショックを吸収し、しなやかな乗り心地です。スチールよりは軽量です。比較的長持ちして価格も安いです。長距離を走るロードバイクにも使われることがあります。ハイテンスチー...
お役立ち情報

自転車のコンポーネント(駆動系のパーツ)の違いと選び方

コンポーネントとは、「シフター(変速機を操作する装置)」、「フロントディレイラー(ペダル付近の変速機、FD)」、「リアディレイラー(後輪側の変速機、RD)」、「カセットスプロケット(後輪側のギア、CS)」、「ボトムブラケット(ペダル側のギアの回転軸、BB)」などのことをコンポーネント(駆動系パーツ)といいます。コンポーネントの性能が高いほど、パーツの精度が高く(力の伝達効率が高い)、強度が強く、反応がよく、軽量なので、「ペダルをこぐ力」がより効率的に伝わり、軽快に走れて、スピードを出しやすくなります。変速機は性能が高いほど、スムーズに正確にギアチェンジできます。ギアが多いスポーツ自転車は、頻繁に細かくギアチェンジすることになるので、特に性能の高さが影響します。コンポーネントは、性能によりグレードごとに分類されています。また、「ロードバイク用」と「マウンテンバイク用」に分類されています。これは特徴に大きな違いはなく、パーツの組み合...
お役立ち情報

自転車のペダル1回転で進む距離

ママチャリ:約3.4m、約4.7m、約6.5m(1速、2速、3速)※変速機がないモデルの場合は、約4.7m。※6段変速の場合は、1速は同じ。3段変速の3速が、6段変速の6速。つまり、進む距離の範囲は3段変速も6段変速もほとんど同じで、3速に分かれているか、6速に分かれているかが違うだけ。スポーツ自転車(ロードバイク、クロスバイク):約3m~約9m※車種やモデルによってかなり違う。ママチャリと同じように走りたいなら、「ペダル1回転で進む距離」が約5m(500cm)近く進むギアがあるモデルを選ぶといいでしょう。もっとスピードを出したいなら、さらに長く進むギアがあるモデルがいいでしょう。「ペダル1回転で進む距離」が長いとペダルは重くなりますが、ひとこぎでたくさん進むのでスピードを出しやすくなります。「ペダル1回転で進む距離」が短いとペダルが軽くなるので、上り坂や、向かい風、舗装されていない道などで走りやすくなります。急な上り坂を走るこ...
お役立ち情報

自転車の変速ギアの選び方

変速段数のめやす1速(変速なし、シングルギア)ほとんど坂がない平坦な道で、あまりスピードを出さないならば、1速でも問題ないでしょう。3速~6速ママチャリに多い。短距離~中距離の街乗りならば、十分でしょう。7速~10速街乗りには十分でしょう。スポーツ自転車としても機能するでしょう。11速以上スポーツ自転車として十分に機能するでしょう。道の状況に合わせて、細かくギアチェンジして走れます。変速機の使い方変速ギアは、坂など道の状況に合わせて切り替えて走ります。軽いギアは、上り坂や向かい風、じゃり道などで使用します。よけいな力を使わなくても坂を上ることができます。重いギアは、スピードを出すときに使用します。たくさんペダルをこがなくても、スピードを出すことができます。自転車はペダルをこぐペースが一定のほうが、効率的な走りができます。道に合わせてギアを切り替えて、ペダルをこぐペースを一定に保つことで、効率的な走りができて疲れにくくなります。折...
お役立ち情報

自転車のタイヤサイズの選び方

折りたたみ自転車は、小さいタイヤが使われることが多いですが、タイヤが小さくてもギアが大きければ「ペダル1回転で進む距離」が長くなるので、普通の自転車と同じように進みます。1万円程度のかなり安い折りたたみ自転車でなければ、大きなギアを使用していることが多いので普通の自転車のように進みます。なお、一般的な折りたたみ自転車のタイヤサイズは、小さいものが14インチ、中間が20インチ、大きいものが26インチです。タイヤサイズの選び方は、走るスピードによって違います。ゆっくり走る「街乗りタイプ」と、速く走る「スポーツタイプ」に分けてご説明します。街乗りタイプ街乗りタイプの折りたたみ自転車の平均速度は、時速15km~25km程度になるでしょう。これはママチャリ程度のスピードになります。この程度のスピードで走るなら、タイヤが小さくても十分走れるでしょう。ただし、あまり小さすぎると走りにくいので、14インチ以上がおすすめです。タイヤは小さいほうが...
お役立ち情報

自転車のスピードの違い

スピードのめやす1:ママチャリと同じか遅め2:ママチャリと同じか速め3:ママチャリより速いライトスポーツタイプ4:スポーツ自転車5:さらに速いスポーツ自転車このサイトでは、自転車のスピードを独自に推定して、数字で分類しています。スピードの推定は、以下の要素を参考にしました。自転車の軽さ軽いほうが少ない力で走れるので、走りが軽くなり、スピードを出しやすくなります。ペダル1回転で進む距離「ペダル1回転で進む距離」が、ある程度長いほうが、ペダルをたくさんこがなくてもスピードを出しやすくなります。フレームの強度フレームが強いと「ペダルをこぐ力」を逃さずタイヤまで伝えるので、軽快な走りになり、スピードを出しやすくなります。コンポーネントの性能コンポーネントとはギアや変速機などの総称です。この性能が高いと「ペダルをこぐ力」を逃さず伝えて、効率的に走りに変えるため、スピードを出しやすくなります。タイヤの性能性能がいいタイヤは、スムーズに転がる...
お役立ち情報

車メーカーの自転車の評価があまりよくない理由

シボレー(CHEVROLET、Chevy)、キャデラック(CADILLAC)、ルノー(RENAULT)、ミニ(MINI)、ドゥカティ(DUCATI)など、外車メーカー(クルマメーカー)や、バイクメーカーのブランドがついた折りたたみ自転車は数あれど、あまり評判がよくありません。なぜなのでしょうか?それは価格の割に少し性能が落ちるからです。カーブランド(自動車メーカーのブランド)や、バイクブランド(二輪車やオートバイメーカーのブランド)を自転車に使う際には、ブランドの使用料(ロイヤリティ、ライセンス料)がかかります。カーブランドやバイクブランドを自転車につけることは、カーブランドやバイクブランド側にとっては、自社ブランドの宣伝・広告になり、ブランドの価値や認知度(知名度)を高める効果が期待できます。一方、自転車のメーカー側は、カーブランドやバイクブランドを自転車につけることで、そのブランドに興味がある人が自転車を購入する可能性が高く...
お役立ち情報

自転車のサスペンションと特徴

サスペンションとは自転車のパーツ(部品)のひとつで、路面からのショックを吸収するクッションのことです。サスペンションを使用することで乗り心地がやわらかくなったり、未舗装路(オフロード)での走行性能が上がるなどのメリットがありますが、その一方で、自転車の重量が重くなったり、サスペンションの場所によっては舗装された道ではペダルが重くなるというデメリットもあります。また、サスペンションの動く距離(硬さ)にも違いがあるので、これらのことを理解した上でサスペンションの使用を総合的に判断することをおすすめします。サスペンションがついている所とそれぞれの特徴※サスペンションがついている所と形は、それぞれメーカーや車種によって少し違います。サスペンションがついている所はおもに3ヶ所です。前、後ろ、サドル(イス)です。前(フロントサスペンション)前についているサスペンションを「フロントサスペンション」といいます。「フロント」は「前、前面」の意味で...